矯正方法

水の中に沈む

歯並びの矯正はいくつかの方法から選ぶ事ができますが、最もよく行われているのがワイヤーを用いた治療です。
歯列全体にワイヤーを装着し、ワイヤーの力によって徐々に矯正させていく方法ですが、古くからある治療法であり広く行われています。
ワイヤーを用いる治療法の場合、前面に装置を装着する事が多いのですが、症状によっては歯の裏側だけで済ませる事もできます。
前面に装着する場合ですと装置が目立ってしまいがちですが、背面だけに装着する場合ですと全く見えない状態になります。
その為、目立たない方が良いという方に適しています。
マウスピースを利用する方法も挙げられます。
歯型を取ったマウスピースを装着する治療方法ですが、透明のマウスピースを利用しますので目立ち難いとされています。

一般的な治療法の場合、矯正が完了するまで長く時間を要してしまう事があります。
症状によっては数年間も装置を付けた状態になりますが、もっと短期間で矯正をしたい方に最適の方法もあります。
まず被せ物をして矯正する方法が挙げられます。
被せ物を利用する方法というのは治したい部分の歯を削り、そしてその上から人工の歯を被せるというものです。
治療を開始してから数週間程度で完了させる事ができますので、結婚式までに間に合わせたいなどの理由で受ける方も多いようです。
その他にも特殊なボルトを埋め込み、そこを支点に歯を動かす方法もあります。
通常よりも強力に歯を動かす事ができますので、時間が掛かるワイヤー治療も短期間で完了させる事が可能です。