インターネット利用

メガネをかけた男性

歯並びが悪いとかみ合わせが悪くなり、それが障害となって様々なトラブルを引き起こします。
うまく物をかめないことで歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなります。
さらに歯並びが悪いとブラッシングがしにくくなり、虫歯になりやすくなります。
また、歯を食いしばる事ができないため、集中力が低下する傾向があります。
そうしたトラブルは歯並びをしっかりと正しく揃えることで解決できます。
歯並びを整えることはデンタルクリニックでできます。
クリニックによって治療法は違いますが、矯正にはだいたい2年~3年くらいの期間がかかります。
大人になるほど治療期間が長くかかると言われています。
子供の場合、顎の骨の成長を利用して治療するため、大人よりも短期間で治療が終わります。

歯科矯正の歴史はとても古く、紀元前の1000年ぐらいにさかのぼります。
当時の遺跡の中から、歯の矯正に使われたとみられる器具が発見されています。
近年に入ってからでは、20世紀初頭ぐらいのアメリカで初めて実用化されています。
アメリカのある歯科医が、入れ歯を安定させるための研究の過程で、矯正治療を実行したそうです。
日本では戦後になってから普及しています。
当時からあるのが、金属ブランケットという金属性の装置をつけた治療です。
金属ブランケットを使えば的確な治療ができますが、審美的に劣っているという欠点があります。
そうした欠点をカバーするため、今は審美ブランケットやマウスピース矯正、裏側矯正などが誕生しています。