矯正歯科を選択する

待合室で待つ

自分の歯並びが歯並びが気になっているのに、もう大人だからと諦めてしまう人がいます。
歯列矯正は子供の時にするものというイメージを持っている方が大変多くいますが、今では30代から50代の方でも治療するのが当たり前になってきています。
人間それぞれ歯の大きさや形状が違うため、完璧な歯並びというのは人によって違います。
歯並びやかみ合わせがよくないと、体に良くない影響が出てくる可能性があります。
また歯並びが良くない方の場合、発音が悪くなってしまいます。
矯正治療は基本的に健康保険の適用外となります。
歯科医院に適度に通うことは、口内環境をしっかり整えることにもなります。
健康であれば歯の矯正は歳に関係なく始めることが出来ます。

歯列矯正は治療を始めると元の状態に戻すことができないので、信頼できる歯科医師の先生に相談することが大事です。
大人になってから行う治療は子供の時に行う矯正と比べるといくつかの違いがあります。
矯正で歯が動く時間には個人差がありますが、子供は大人と比べてまだ完全に出来上がっていないので骨が柔らかくなっています。
大人の場合はゆっくりと治療を進めなければなりません。
歯に強い力をかけると傷が付いてしまいます。
治療期間も数ヶ月から数年かかってきます。
自分がどのくらいの期間かかるのかしっかりと聞いておくことが必要です。
基本的に1度その歯科医院で治療を始めるとほかの病院に変えることはできません。
信頼できる歯科医を探すことが大事です。